安いセラミックの歯って大丈夫なの?

安いセラミックの歯って大丈夫なの?という疑問にお答えします。

歯にかぶせものや差し歯にするときは保険を使うと金属になることが多い

歯にかぶせものや差し歯にするときは保険を使うと金属になることが多いです。

 

これは保険では使える素材が決まっていることや強度など、保険内の制限から仕方ないのです。

しかし、接客の仕事をしている方などは口元は常にみられていますし、歯の場所によっては丸見えになってしまうので気にしている方も多いでしょう。

 

しかし、保険にこだわらなければセラミックという自然な歯の色に調節できて丈夫な素材があります。

透明感や色合いも周りの歯に合わせられますし、強度も丈夫なセラミックを選べば奥歯でも使うことができます。

しっかりとお手入れをすれば丈夫で変色も少ないため長期間使うことができますので、何度も歯を削って付け替える必要もなくなります。

 

トータルで負担の少ない、そして見た目も満足できるのがセラミックなのです。

しかし、費用の相場が気になります。

オールセラミックにすると1本10万円前後するところが多いのですが、これでは積極的にやってみようと思うには貯金が必要です。

 

しかし、最近では相場よりも安い値段で提供してくれるクリニックも出てきています。

技術は細かく丁寧であることはもちろん、しっかりと説明をしてくれるので安心です。

自然で輝く口元に手が届くようになっています。

yasuiceramicha.hatenablog.com